この時期の月ケ瀬の朝はとてもすがすがしく、爽やかな気分で一日が始まります。

耳を澄ませば小鳥の鳴き声が・・・
さらに耳を澄ませると・・・時折「ブォーン」という機械音が聞こえてきます。
お茶畑に設置されている送風機の音なんです。

月ケ瀬はお茶の産地として知られ、収穫されたお茶の葉は、”大和茶”として販売されています。
まだ朝の冷え込みがある時期は、お茶の葉に霜がつかないように風を送ってるのだそうです。

こうした農家のみなさんのご苦労があって、私たちがおいしいお茶を飲むことができるのですね。