7月中旬以降、夕暮れ時になると「カナカナカナカナ・・・」という鳴き声が月ケ瀬の森の中に響き渡ります。

街中では、ほとんど聞かれなくなった「ヒグラシ」というセミの鳴き声です。

150731ヒグラシ

明け方や夕方の日暮れ時に鳴くことが多いので、「日暮れを知らせる」という意味合いから「ヒグラシ」と名前がつけられたそうです。

ヒグラシの声を聞くと物悲しさを感じるという方もおられるようですが、個人的にはとても心が落ち着く音色です。

施設を訪れるみなさんも、夕暮れ時には、ふと耳を澄ませてヒグラシの奏でる音色を楽しんでくださいね。