本日は節分の日です。
節分の日は、毎年2月3日だと思っていたのですが、実は違うそうです。
節分とは「季節の分け目」という意味があります。
つまり、立春の前日が「節分の日」なのです。
「立春」は太陽の角度によって決まるので、毎年同じ日ではないそうです。
わたしもこの事実を知り、驚きました!
思い込みとはこわいものですね(笑)

節分の日の楽しみといえば、「豆まき」と「恵方巻」ではないでしょうか。

「豆まき」には、邪気を追い払うという意味があります。
「目に見えない邪気」を鬼に例え、豆をまくことで、その鬼を追い払い無病息災を祈る行事なのだそうです。

「恵方巻」は、7種類の具材を巻くことで七福神になぞらえ、福を巻き込んでいる食べ物とされています。
また、”恵方を向きながら無言で食べきる”と願い事がかなうとも言われています。
なので、切らずにそのままかぶりつくと良いそうです。
元々は関西の風習でしたが、いまでは全国的に広まっています。

今年の恵方は「北北西」です。
みなさんの願い事がかなうといいですね。