8月も終わりを迎え、季節は夏から秋に移り変わる時期になりました。
施設がある奈良県はまだまだ暑い日が続きそうなので、秋らしさを感じられるのはもう少し先になりそうです。

夏休み期間の間、施設では様々な生き物を観察用に飼育していました。

施設内を流れる小川で捕まえたカワムツやヨシノボリ
 

たくさんの子どもたちに見てもらえたらと地元の方からいただいたカブトムシやクワガタムシ
  
(クワガタだけの写真を撮り忘れていたのでイラストで代用させていただきます)

たくさんの利用者の方にみていただきました。
ただ、いつまでも狭い飼育ケースの中で飼い続けるのはかわいそうです。

ということで、自然に帰すことにしました。

最後に記念撮影をしました。
心なしかきりっとした表情をしているように感じているのは私だけでしょうか?(笑)

自然に戻っても、元気に暮らしてほしいですね。