10月も終わりに近づいていますが、秋の陽気がまだ残っているように感じます。

屋外での作業が終わり、座ってふと横を見てみると…


小さなカマキリがいました。危うく踏んでしまうところでした。
茶色い身体をしていましたが、周りの土草の色に自然ととけこんでいますね。

カマキリと言えば、先日、メスがオスを補食している場面を発見しました。

なんとも残酷な光景です…
しかし、この行動はメスが産む卵の個数に影響するそうです。

オスを補食しないときにメスが産む卵の個数と比べて、補食した時の方が約2倍の個数の卵を産むそうです。オスのカマキリの死は無駄ではなかったんですね。

公園などに散歩に出かけた際は、草むらなどをよく観察してみてください。
カマキリに限らず、たくさんの生き物の貴重な生態を見つけることができるかも知れませんね。