先日、月ヶ瀬スタッフを対象としたスキルアップ研修の第2弾を行いました。
今回のテーマは~焚き火を学ぶ~ということで、2日間にわたって火熾しの基本から応用まで体験しました。

1日目は火付けに必要な理論を再確認した後に、ひとりずつ火を熾します。やかんのお湯を沸かして、そのお湯で昼食にカップ麺を食べました。自分たちの食事がかかっていたので、薪の組み方から空気の調節まで真剣に取り組んでいました。

午後からは、メタルマッチを使った火熾しや、製材された薪を使わない火熾しなどいろいろなバリエーションで練習しました。

余木を使って薪割りも行いました。

夜は、夕食に焚き火料理をつくり、焚き火を囲んでキャンプソングを歌いながら暖をとったりと、あらためて火の大切さを感じる時間を過ごしました。
  

2日目には、「古代マイギリ式」という方法で火熾しに挑戦しました。
   
木をこすり合わせた摩擦熱で火種をつくり麻縄をほぐした火口に着火するのですが、素早く火口に火種を移すことが難しく、すぐに消えてしまったりと苦戦していました。
しかし、諦めずに何度も挑戦した結果・・・やっとの思いで点けることができたチームもあり、協力することの大切さとその喜びも同時に学ぶことができました。

さらにスキルアップをしたスタッフが、みなさまの野外活動のお手伝いをさせていただきます!