梅雨シーズンに突入しました。
施設は比較的晴れの日が多いですが、ジメジメとした湿気の多い日が続いています。
はやく梅雨が明けて、カラッとした夏が来てほしいですね。

施設には利用者の方が遊んだり、座ったりできる共有の広場があります。

この芝生に、あまり見慣れない雑草が…
 
こちらは「メリケントキンソウ」という、外来種です。
触ったり肌に触れたりすると、チクチクとした痛みがあります。
もしかしたらイノシシが芝生を掘り返した時に、種子を持ってきたのかもしれませんね。

これ以上、繁殖を広めないために、応急処置ではありますが

燃やして、種子が飛ばないようにしました。
 

今後も広がっていくようであれば、除草剤を使うことも検討しなければいけません。