いつもは自然の家で見ることができる
季節の植物や生き物について紹介していましたが

今回は危険な植物と生き物を紹介したいと思います。
 
写真を見ると、一見どこにでも生えている雑草に見えますが
これは「ヤマウルシ」といい、樹液が肌に触れるとかぶれてしまいます。
葉は同じところから生えており、葉軸が赤みを帯びているのが特徴です。
しかしこの樹液を原料にしているのが、有名な漆塗りや漆器(しっき)とよばれるものになります。

つづいて、よく山の中に注意書きの看板が書かれている「マムシ」です。
 

三角の頭が特徴的で、くさりのような模様をしています。
牙には毒があり、噛まれると最悪死に至るケースもある危険な生き物です。

利用者の方に安全にすごしていただくために
こちらから積極的に注意喚起をしていこうと思います。