8月の最終週に松原市の小中学生を対象とした「夏休みこどもキャンプ」を実施しました。

<月ケ瀬サマーキャンプ>
日程:8月28日(水)~29日(木)
対象:小学1年生~3年生
39名の小学生が参加しました。

はじめのつどいのあとは、仲間づくりゲームや館内ポイントラリー「ミクロ探検隊」を楽しんでいました。
夕食はアウトドアクッキング!グループのメンバーと協力してカレーをつくりました。

包丁で野菜を切ったり、薪で火を熾こしてご飯を炊いたりと奮闘していました。
みんなでつくったカレーは格別においしかったようです!

夜は、室内でキャンドルファイアをしました。歌やゲームなどで大いに盛り上がりました。

翌日は「木のペンダントづくり」と「沢遊び」をしました。川の水は冷たくてとても気持ちがよかったようです。

<月ヶ瀬チャレンジキャンプ>
日程:8月27日(火)~29日(木)
対象:小学4年生~中学生
19名の小学生が参加しました。

自然の家に到着してすぐにテントを設営しました。

3日間自分たちが生活する拠点となるので、リーダーの説明をしっかりと聞いて、グループメンバーと協力しながら設営しました。

期間中の食事は自分たちでつくります。まずは、夕食のカレーづくり。林間学校で自然の家に来たことがあるメンバーも多く、役割を分担しながら手際よくつくっていました。
夜は、近くの展望台までナイトウォーキング!少し霧がかかっていましたが、かえって幻想的でとてもきれいでした。

2日目は、午前中に「リバートレッキング」を実施しました。前日に雨が降っていいたため安全面を考慮し、コースを縮小変更しました。
「自分たちの安全は自分たちで守る」を合言葉に、お互いに声をかけあいながらゴールまで進みました。メンバーの達成感のある笑顔がとても印象に残っています。

最終日。自分たちが泊まったテントは、自分たちでかたづけます。3日間ともに過ごした仲間の絆は深まり、リーダーの指示がなくてもチームワークを発揮してかたづけをしていました。
最後に形に残る記念品として、3日間の思い出を杉板に描きました。とても素敵な作品ができあがりました。

子どもたちのたくさんの笑顔を見ることができました。
彼らにとって、夏休みの素敵な思い出のひとつになってくれることを願っています。
ありがとうございました。