11月に入りました、寒さを肌で感じるようになり、木々の葉も少しずつ紅や黄色に色づく様子が観察できる季節になりましたね。

今回は、10月の半ばから外に干していた柿の様子をお伝えします。


こちらが干し始めた時の写真です。水分を多く含み、黄色に近いオレンジ色で、どっしりとした印象があります。

  
こちらは干し始めてから約3週間ほど経った柿です。

こまめに手で揉んで甘くなるようにお世話をしてきました。
干すことで水分が抜けて小さくなり、黒色に近いオレンジ色になりました。いよいよ完成間近でしょうか?
小さめの干し柿の味見をしてみると、干す前は渋みがあって食べられなかった柿が、ほんのりと甘みがあり、食感はカボチャに似た感じでした。

もう少しだけ様子を見守っていきたいと思います。