寒中お見舞い申し上げます。

みなさま、お正月はどのように過ごされましたか?
ご家族で初詣に出かけたり、お家でゆっくりされた方もいらっしゃると思います。

自然の家がある月瀬地区では、今朝の未明から『とんど焼き』が行われました。
前日から「家族で月ケ瀬体験!~とんど焼き~」に参加されていたご家族とスタッフも一緒に見学しました。

とんど焼きとは、竹や木を組み上げて作ったやぐらでしめ縄や門松などのお正月飾りを燃やして、歳神さまを送り出す伝統行事です。
燃え盛る炎の気流にのせて書き初めを空に飛ばし、上空にまっすぐ飛ぶと文字が上達すると言われています。また、その残り火で焼いた餅を食べて、今年一年健康に過ごせるよう無病息災を願います。

真っ暗な早朝、組みあがったやぐらはパチパチと大きく燃えあがり、書初めを炎の中に入れると天高く昇って行く様子が見えました。その様子を見届けた後は、焼き餅をおいしくいただきました。

今年もみなさまにとって良い一年となることをお祈りするとともに、松原市少年自然の家をどうぞよろしくお願いいたします。