3月中旬から下旬にかけて、月ヶ瀬は満開の梅の花で彩られます。

先日の16日に”月ヶ瀬梅まつり見学会”が実施され、松原市内から40名近くの方が観梅に来られました。

少年自然の家では、地元の方にご協力いただき、毎年「朝市」を開催しています。
大和茶や梅大福といった名産物や、新鮮な野菜や椎茸などが販売されとても賑やかでした。

”梅まつり”をより楽しんでいただくために一日限定で「お花見弁当」を販売しました。

とても美味しかったと好評でした。

午後からは場所を移動し、月ヶ瀬の梅渓を見学しました。

今回は、月ヶ瀬のボランティアガイドを依頼し、梅の見所や梅渓にまつわるお話しもしていただきました。

空は雨模様でしたが、満開に咲いた梅の花が雨の滴でキラキラと輝き、とても綺麗でした。
 

来年も、みなさまのお越しをお待ちしております。