昨日、5月5日はこどもの日「端午の節句」でした。

日本では昔から、端午の節句に「菖蒲湯(しょうぶゆ)」に入る習慣があります。

平安時代頃から、菖蒲の強い香りが邪気を払うと言われており厄除けとして広まったそうです。
また江戸時代頃からは、「しょうぶ」という言葉を「勝負」や「尚武」にかけ、男の子がたくましく成長することを願うようにもなりました。

大切にしていきたい、日本の伝統行事のひとつですね。