自然の家では、先日紹介したアカハライモリの他にもたくさんの種類の生き物が顔を見せてくれます。
敷地内を流れる二双川のほとりでは、ひらひらと飛ぶトンボを見かけることがあります。

先日、フロントに迷い込んでしまったそのトンボがいたので、少しの時間観察をさせてもらいました。
 

水色の綺麗な体に茶色の透き通った羽をもっており、体長はおおよそ7~8センチといったところでしょうか。

インターネットで調べてみると、どうやら「カワトンボ」の仲間のようです。
自然度の高い清流に生息しているそうです。

トンボは複眼というたくさんの目を持っていて、少し首をかしげるだけで自分の周りをほとんど見渡せるそうです。
だからあんなに早く飛び回っても、木や障害物にぶつからないのかもしれませんね。

多くの生き物が住んでいる自然豊かな月ヶ瀬からのお知らせでした。